診断レーザー抜毛で全体抜毛をする際の恐れ2

診断レーザー抜毛で全体抜毛をする際の恐れ2

全体抜け毛を診断レーザーで立ち向かう際にはリスクも予め承知しておく必要があると思います。どういうリスクが診断レーザー抜け毛にはあるのか以下にご紹介してみましょう。

 

【火傷】
診断レーザー抜け毛をする際に稀に肌表面に対してレーザーが手応えしてしまって火傷してしまう事があります。火傷を起こしやすいスキンとしては極端な日焼けをしていてスキンが真っ黒なヒト、元々スキンの色あいが黒いヒト、乾燥肌のヒト等が挙げられます。極端に黒く日焼けをしているヒトで抜け毛をしたいと言うのであれば診断専用美白剤(ハイドロキノン)でスキンの色あいを元に戻してから抜け毛を行う事をお勧めします。そうする事で火傷に対するリスクを回避する事が出来ます。また元々スキンの色あいが黒いというヒトは火傷をしない程度の範囲でレーザーを設定しますので通常のヒトより抜け毛に張り付ける数が掛かる可能性があります。
乾燥肌のヒトはレーザーを照射する際にジェルを扱うなどモイスチュアを達する事によって火傷のリスクを燃やす事が出来ます。

 

【かゆみ】
診断レーザー抜け毛をする際に、乾燥肌のヒト、神経質スキンのヒト、アトピー性素肌炎のヒト等にかゆみという症状が出る事があります。この疾患が出た場合には炎症した部分に塗り薬を塗って牛耳る事が可能です。また冷却する事も有効ですので薬と冷却合わせても良いかもしれませんね。どちらにしても医者の診察に従って処理をする様にして下さい。

 

こう言ったリスクは誰もが誘い出す可能性がありますので、出てしまった場合慌てずに医者に相談して適切な方策をしてもらいましょう。その為にも全体抜け毛をする際には病院での抜け毛が有用チックです。